家探しで悩む名義について

カップルなど二人暮らしをすることが決まったら、まずは家探しから始めると思います。理想の家が見つかったら契約をしなくてはならないですが、そこでどちらの名義にするべきなのか悩まれるところだと言えます。二人暮らしで家探しをする場合、カップルの場合は男性を名義人にする方が多いのですが、状況によっては女性にした方がお得であるのです。それは、お互いが勤務している会社の住宅手当てが深く関係しています。正社員の場合、会社から住宅手当てが支給されることが多いのですが、その支給額や住宅手当ての定義は会社によって異なります。会社によっては住宅の名義が本人でないと支給されないこともありますが、本人以外の場合や実家住まいの場合でも支給されることがありますので、まずは勤務している会社の住宅手当ての定義を調べることが大切です。また、支給額も家賃の何パーセントだったり、一律の金額が決まっていたりしますので、どちらが高いかを見定めて、高い方の名義にすることで、住宅手当てに大きな差が出ます。二人暮らしをするための家探しは独り暮らし用よりも広めの住まいが必要になる場合も多いため、住宅手当ての違いで大きな差が出ます。もしも二人暮らしを始める際に名義をどちらにするか悩んでいるのであれば、勤務先の住宅手当てを参考に決めることをおすすめします。

↑PAGE TOP