マンション投資の手間かかる理由

マンションは住むためのものではなく、経営用や不動産投資用としても建設されています。不動産投資用と見なした場合、長期的な家賃収入が見込めるので、共同住宅は投資に向いていると言えます。また、建設されてからの耐用年数は長いので、大規模な修理もしばらくは必要ありません。しかし、マンションは建設だけではなく、その後の管理維持も必要です。住民からの苦情が出ることもありますし、定期的に改修をする必要もあります。投資用としては、当初思っていたよりも、手間がかかることがほとんどです。

↑PAGE TOP