必見二人暮しの家探しの注意点

二人暮らしで家探しをするのはいくつか注意点があります。それはどちらの名義で契約するかです。通常賃貸の契約は二人暮らしの場合、一人が世帯主、もう一人が同居人と言うのが一般的です。両方を契約者にするのは家探しをする時に選択肢が狭くなる可能性があるので、どちらの名義で契約するのかよく検討して下さい。次の注意点は家賃の配分です。二人暮らしするので、家賃は折半で良いですが、光熱費が発生します。片方が家に居る時間が長い場合に完全に折半と言うのは難しいでしょう。ここも良く話し合いましょう。家探しの一番重大な注意点は、表札です。ご結婚であれば、苗字が同じになるので、良いですが、二人暮らしだと苗字が別々です。その別々の苗字を表札にするか、片方だけの名前にするかも話し合いが必要です。賃貸によっては、表札をつけなくても問題のよい所もあるので、家探しの際は不動産会社にそのあたりもよく確認してみましょう。家探しをするのは本当に楽しいですが、契約するまでに時間がかかりすぎると他の方に契約されてしまう可能性も出てきます。良い家を見つけてすむ為にも早めに候補はいくつかに絞り、二人暮らしに最適なお家を見つけてください。二人で住み始めるとホームシックにかかる事もなく、楽しい毎日が待っているはずです。

↑PAGE TOP